タイトルロゴ 石原勇太朗 ホーム、トップページへ戻るボタン

         写真 石原勇太郎
         

石 原 勇 太 郎

1991年生まれ。千葉県八千代市出身。

12歳からコントラバスを始める。

2014年、東京音楽大学 器楽専攻(コントラバス)卒業。同大学音楽学課程修了。
2016年、東京音楽大学大学院 音楽研究科 音楽教育専攻 音楽学研究領域 修士課程修了。

2012年、第3回音楽大学オーケストラ・フェスティバルにて自作のファンファーレが採用され、東京音楽大学の学生によって演奏される。
2014年《天空の旅――吹奏楽のための譚詩――》で第25回朝日作曲賞受賞。2015年度全日本吹奏楽コンクールの課題曲として採用される。

これまでにコントラバスを幕内弘司、永島義男、作曲を村田昌己、新垣隆、藤原豊、指揮を三原明人、尺八を柿堺香の各氏に師事。

現在、東京音楽大学大学院 音楽研究科 音楽専攻(音楽学)博士後期課程に在学中。
平成28年度、29年度、30年度給費奨学生に選ばれる。
藤田茂氏、武石みどり女史の下で、アントン・ブルックナーの交響曲に関する研究を行っている。

中学・高校の吹奏楽部やオーケストラ部の指導や、アマチュア・オーケストラのトレーナー等演奏指導の他、
東京交響楽団、WISH Wind Orchestra等のプロを含む多くの団体や演奏家の演奏会用プログラムノート執筆など、活動は多岐にわたる。

         

Internationale Bruckner–Gesellschaft(国際ブルックナー協会) 会員

日本音楽学会 会員

Wind Band Pressで行った連載(2016-2017)
『石原勇太郎の【演奏の引き立て役「曲目解説」の上手な書き方】』
第一回の記事はコチラ
Wind Band Pressで連載中(2017-)
『Aus einem Winkel der Musikwissenschaft』
第一回の記事はコチラ
ティーダ出版で連載中(2018-)
『吹奏楽で聴くクラシック音楽 ―ティーダ出版×石原勇太郎―』
第一回の記事はコチラ